各種設定

サウンド設定

 

サウンド設定

重要:以下のセットアップの説明は、お使いのソフトウェアやハードウェア、起動しているMac OS Xのバージョンの環境により、スクリーンショットの画像が実際にお使いのものと異なる場合がございます。

1. サウンド設定画面の開き方

「Appleメニュー」をクリックし、「システム環境設定」を選択してください。

システム環境設定画面が開きます。
システム環境設定画面から、「サウンド」のアイコンを見つけ、クリックしてください。

サウンド設定画面が開きます。

2. サウンド出力設定の変更方法

Mac OS Xサウンド設定から、「出力」をクリックしてください。

このパネルで、「主音量」と「バランス」の設定が可能です。
Skypeを使う際は、「消音」のチェックボックスのチェックは外れていなければなりません。

音声出力のリストで、「内蔵スピーカー」や「ヘッドフォン」などの利用可能な出力サウンドデバイスが表示されます。
複数のデバイスがリストアップされている場合は、Mac上で音声を出力させたいデバイスを選択してください。
この画面での設定は、Mac上でのデフォルトの音声出力デバイスになります。

3. サウンド入力設定の変更方法

Mac OS Xサウンド設定画面で、「入力」をクリックしてください。

音声入力のリストで、「内蔵マイク」や「外付けマイク」などの利用可能な入力サウンドデバイスが表示されます。
複数のデバイスがリストアップされている場合は、Mac上で音声を入力させたいデバイスを選択してください。
この画面での設定は、Mac上でのデフォルトの音声入力デバイスになります。

「主音量」は、コンピュータから出力されるサウンド音量をコントロールできます。
Skypeを使う際は、「消音」のチェックボックスのチェックは外れていなければなりません。

快適な通話品質を保つには?
Mac上でマイクへの入力音量を調節することができます。 一般的に入力音声がよく聞こえるよう、入力音量を高くしがちですが、音声のひずみが起きないよう、高くしすぎないようにしてください。 通常の音声をマイクに吹き込むこみ、入力レベルメーターの反応を見ることによって、入力音量のテストを行うことができます。

快適な通話品質をご利用いただくには、入力音量は2/3から3/4の間であることが望ましいです。
もっともよく聞こえるレベルを見つけるために、入力音量を上げ下げすることによって、調節が可能です。

4. Skypeのオーディオ設定の変更方法

システム上の他のサウンドとSkypeでのサウンドを個別に設定することが可能です。
例えば、再生している音楽の音を外付けのスピーカーから出力させ、Skypeで会話している時のサウンドをヘッドセットに出力させることができます。
Skypeのオーディオ設定を使うことにより、このようなカスタマイズが可能です。

Skypeオーディオ設定の開き方、変更方法:
Skypeを開き、「Skypeメニュー」を開き、「設定」をクリックしてください。

「音声」をクリックしてください。

Skypeで利用するオーディオ出力デバイスを選択するには、「出力デバイス」メニューからデバイスを選択してください。
Skypeで利用するオーディオ入力デバイスを選択するには、「入力デバイス」メニューからデバイスを選択してください。