各種設定

サウンド設定

 

サウンド設定

重要:
以下のセットアップの説明は、お使いのソフトウェアやハードウェア、 起動しているOSのバージョンの環境により、スクリーンショットの画像が実際にお使いのものと異なる場合がございます。

1. オーディオ設定にアクセスする

「スタート」→「コントロール パネル」をクリックしてください。
Windows2000の場合:「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」をクリックしてください。

「コントロール パネル」から「サウンド、音声、およびオーディオ デバイス」をクリックしてください。

「サウンド、音声、およびオーディオ デバイス」ウィンドウから「サウンドとオーディオ デバイス」をクリックしてください。

2. 再生オプションを変更する

「オーディオ」タブをクリックし、「音の再生」 セクションのドロップダウン メニューで、Skype で使用している デバイスを選択してください。

ドロップダウン メニューの下部の 「音量」 ボタンをクリックしてください。
「オプション」→「プロパティ」 コマンドをクリックしてください。

「表示するコントロール」で、オフになっているチェック ボックスをすべてオンにし、「OK」 ボタンをクリックしてください。

「ボリューム コントロール」 パネルで、再生用の 「マイク」 ボリューム コントローラがミュート (消音) になって いることを確認してください。
マイク以外のすべてのボリューム コントローラはミュートを解除しておく必要があります。
「オプション」→「ボリュームコントロールの終了」 をクリックしてください。

3. 録音オプションを変更する

「サウンドとオーディオ デバイス」 パネルの 「録音」 セクションのドロップダウン メニューで、 Skype で使用しているデバイスを選択し、「音量」 ボタンをクリックしてください。

「オプション」→「プロパティ」 をクリックしてください。

「表示するコントロール」 セクションで、オフになっているチェック ボックスをすべてオンにし、「OK」 ボタン をクリックしてください。

「録音コントロール」 パネルで、「マイク」 ボリューム コントローラのチェック ボックスがオンになっていることを確認し、 「オプション」 メニューをクリックしてください。
「トーン調整」 コマンドにチェックマークが付いているかどうかを確認し、付いていない場合はコマンドをクリックしてください。

「マイク」 ボリューム コントローラの下の「トーン」ボタンをクリックしてください。

「そのほかの調整」の「マイク ブースト」 チェック ボックスはオフにしておく必要があります。
「閉じる」 ボタンをクリックしてください。

「録音コントロール」の「オプション」→「終了」 をクリックし、Skypeで音声テストを行い、 正常に動作するか確認してください。
マイクの問題がまだ解決されない場合は、以下を実行してください。

「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「エンターテイメント」→「サウンド レコーダー」をクリックし、 マイクを使用して音声を録音し、再生を行ってください。

録音した音声が聞こえない場合は、「コントロール パネル」→「サウンドとオーディオ デバイス」で、 録音した音声が聞こえるようになるまでマイクの設定を調整してください。
録音した音声が聞こえる場合は、Skype で Windows のデフォルト オーディオ デバイスが使用されていることを確認します (以下の手順に従ってください)。

4. Skypeの設定で利用するデバイスが選択されているか確認する

Skype を起動し、「ツール」→「設定」→「オーディオ設定」をクリックしてください。

「オーディオ設定」の「マイク」のドロップダウンメニューで設定したデバイス名を選択し、「保存」ボタンをクリックしてください。

Skypeで音声テストを行い、正常に動作するか確認してください。

オーディオまたはマイクの問題がまだ解決されない場合は、「コントロール パネル」→「サウンドとオーディオ デバイス」で、 「音の再生」→「音量」 ボタンをクリックし、「全ミュート」 チェック ボックス、「WAVE ミュート」がオフになっていて、 「マイク ミュート」 チェック ボックスがオンになっているか確認してください。

また、「録音」→「音量」で「マイク」チェックボックスがオン、その他のチェック ボックスはすべてオフになって いるか確認してください。
マイク以外のチャネルをすべてオフにしておかないと、Skype が正しく機能しません。
確認が終わったら、Skypeで音声テストを行い、正常に動作するか確認してください。